私が実際に読んだ小説家になろう作品の感想7【一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた~落第剣士の学院無双~】

WEB小説
2019/9/14 リライトしました。

一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた~落第剣士の学院無双~

ジャンル:成り上がり系5億年ボタン物
特徴:1億年ボタン、潜在能力最強系主人公、若干ハーレム

【令和元年、年間1位の人気作! 富士見ファンタジア文庫から書籍化決定!】
剣術学院の落第剣士に『一億年ボタン』を持ちかけた謎の老人がいた。押せば一億年修業したのと同じ効果が得られる魔法のボタン。落第剣士が疑い半分でボタンを押した次の瞬間、その身に絶大な力が宿るのを感じた。彼は喜んで何度もボタンを押した――押してしまった。
それは呪われたボタンだ。押した瞬間、彼は一億年という『時の牢獄』に閉じ込められた。最初の百年はこれ幸いと修業に明け暮れた。千年が経ち、自分が何故剣を振っているのかわからなくなった。一万年が経つ頃には、考えることをやめていた。
一億年後、廃人同然となった彼は、ついに現実世界へ戻った。同時にこれまで過ごした一億年の記憶は忘却され、残ったのは研ぎ澄まされた剣技のみ。「ボタンを押しただけで強くなれる!?」そう勘違いした彼は何度も一億年ボタンを押し、そのたびに愚かな自分を呪った。そうして地獄の一億年をループし続ける中で、彼はあることに気が付いた。
「この世界さえ斬れれば、ここから抜け出せるんじゃないか……?」
数億年後、時の牢獄を『斬った』彼は一億年のループから脱出した。
これは剣術学院の落第剣士が極限の剣技で汚名を晴らし、世界にその名を轟かせる物語。

一億年ボタンを連打した俺は、気付いたら最強になっていた~落第剣士の学院無双~
【令和元年、年間1位の人気作! 書籍版第1巻は富士見ファンタ// 無料オンライン小説です

世界観はファンタジー物で、主人公のアレンは剣術学院の学生です。アレンは努力しても全く強くならない万年落第剣士で、とあるトラブルを起こしてしまったことで決闘を行うことになり、負けると退学することになりました。主人公の実力じゃどうしようもない。どうしようか・・・、というところで謎の仙人が現れ一億年ボタンを押してみないかという誘いがあります。
そのボタンを押して1億年修行したら強くなれるはず、ということで主人公は5回も押して強くなったという感じです。その後、学園で強さを発揮し、名門学校に進学します。
そしてヒロインたちと出会い、好敵手と出会い、成長していきます。そして世界を巻き込んだ魔族との闘いに身を投じていきます。

ポイントだか何だかを不正をしているようだとか。真実は知りません。気になる方は自分でググってどうぞ。

感想(2019年9月14日)

5億年ボタンの設定を使った作品です。1億年×5回修行するのですが、そこの描写は結構あっさり。強さの理由付けのための設定と感じています。最初は無双していたのですが、だんだんと苦戦するようになっていて、よくある成長していく主人公になっています。
5億年修行したという設定があるだけに、苦戦しているところに違和感はあります。その設定だと、突き抜けて強さを得ており、世界最強クラスに既になっているのだと思いますが、それだけ修行してその程度の強さ?ってなりますね。ただ、その理由が今後出てくると面白い作品になっていくと思います。何の理由もなくその程度の強さだとちょっとしょっぱいですね。。。

この作品の良いところとしては、更新速度ですね。毎日投稿って結構難しいと思います。このブログ毎日投稿しろと言われたらしんどいので、素直に凄いと思います。ただ、個人的には評価してくれ評価してくれ、とちょっと熱すぎる感じはしましたが。
次に、この作品設定が好きです。5億年ボタンって話がネット上に転がっていると思いますが、この設定を使っている作品はあまり見たことがないです。学院や十三騎士、王国といった世界観から、主人公の潜在能力など広がりそうな設定に溢れています。この設定をどう活かすかで面白さが変わってくると思いますが、こういった設定がないと始まらないので、個人的に今後に期待している作品です。
リライト現在、あまり設定が活かされた話がないので、ちょっとうーんって感じになってきました。ポテンシャルはあったと思うのでもうちょっと頑張ってほしいですね。

コメント

  1. 匿名 より:

    その作品のポイント不正の可能性があるので好きじゃないです

    • シータ シータ より:

      ハーメルンのロンドベルさん然り、不正に対するお気持ちは分かります。他の頑張っている作者さんがあんまりですし。。。
      ただ、例えば傷害犯が包丁を使用したとしても包丁には罪が無いように、作品は作品として皆様に是非楽しんでいただきたいですね。

  2. 月夜 より:

    作品全体で、ブックマーク数が100位、評価者数が2位という異常な作品は、あまりお勧めしないほうがいいですよ

    • シータ シータ より:

      たしかに数字を見るに何かあるのだろうと思いますね。作者も評価への執着が凄いように見えますし。
      ただ、作者がイケメンだろうと不細工だろうと、極悪だろうと聖人君子だろうと、作品を読みたい私にはそんなことはどうでもよくて、面白いと感じるか面白くないと感じるか、それだけです。
      私は作者ファンでもアンチでも無いので、作者が気になる人はググって各々で判断してくださいという感じです。
      強いて言えば、そんなことができるシステムダメだなーと思いますね。

  3. 匿名 より:

    不正よりなによりあからさまに他作品を連想させる設定やらセリフやらを使いまわしてる方が作家(?)としてどうなのかと思いますけどね・・・。
    自分はちょっと位なら気にしないで読む性質ですけど、この作品はひどすぎて読む気が失せるレベルでした。

    • シータ シータ より:

      コメントありがとうございます。
      不正が、ポイントがというのよりも、設定やセリフがダメだという作品自体の感想を教えてくれる、こういうコメントは嬉しいです。
      私はこういう設定が好きで期待していたんですけどねー。記事投稿以降も続きを読んだのですが、確かに展開がありきたりばかりで微妙な感じですね。
      期待していただけに、もうちょっと頑張って欲しかったですね。

タイトルとURLをコピーしました