【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】私が実際に読んだハーメルン作品の感想13【やはりバカ達の青春ラブコメはまちがっている。】

WEB小説

やはりバカ達の青春ラブコメはまちがっている。

ジャンル:クロスオーバー
特徴:日常もの、主人公2人、連載中

やはりバカ達の青春ラブコメはまちがっている。 - ハーメルン

千葉市立総武高等学校に通う比企谷八幡に吉井明久。そしてその周りの人々による青春ラブコメ。何処かずれていて、何処か噛み合わない彼らだが、毎日騒がしい日々を送っていく--。
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』と『バカとテストと召喚獣』のクロスオーバー作品となります! 原作ネタをいくつか盛り込んだ上でのオリジナルストーリーとなりますので、ご容赦下さいませ。

俺ガイルとバカテスのクロスオーバー作品です。両方の作品の日常をミックスしたような感じです。主人公は八幡が主で、副主人公的な位置に明久がいます。どちらかの物語形式ではなく、俺ガイルの物語調とバカテスの物語調が交互にくる形ですね。タイトルの書き方でどちらかの物語調か分かります。主人公視点がそれぞれの物語調で変わる形です。両方の作品の主要イベントを抜き出して描いている感じですが、八幡が極端に犠牲になったり、召喚獣の要素などはありません。今のところ。ヒロインはミナミが八幡寄りになった感じで、あとは原作と似たような形です。

感想

同じ学園モノという事で、相性が非常に良く、読みやすいです。ただ、原作の八幡が犠牲になって物事を解決したり、明久がバカやって物事を解決したり、召喚戦争をやったりなど原作の進展の仕方と違うので、あっさり解決感はあります。ひと山欲しい方は物足りないかもしれません。日常のクロスオーバーが楽しみたいという方にはオススメできると思います。
また、この作品を見て原作が結構似ている部分があるのだなと気づきました。性別秀吉のキャラがいたり、叱ってくれる先生ポジションだったり、ヒロイン二大巨頭だったり。共通部分に加えて、あえて二つの書き方をしているので、クロスオーバーの無理矢理一緒にした感があまりありません。安定して楽しめる作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました